治験を受けるまでの流れをどこよりも分かりやすく徹底解説!

治験は貰えるお金も高く、時間のある方には効率よく稼げる最高の場所ですよね。

バイトではなく、ボランティアといった形で薬の開発に協力する事になります。

どうやったら受けられるか気になる方は多いと思いますので、今回は治験を受けるまでの流れを詳しくさせていただきたいと思います。

大阪の「インクロム ボランティアセンター」での流れになりますので、その他の施設は多少異なると思いますがご了承くださいませ。

治験ボランティア会員登録

こちらのサイトで会員登録をします。

【全国対応】
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集

【関西の方はコチラ】
インクロム ボランティアセンター

こちらにアクセスしていただきガイダンスに従って会員登録をします。

個人情報を入力しますが、他に漏れる事は一切ないので安心していただけます。

説明会

直近で説明会の日時が選択できますので都合の良い日を選択して治験センターに行きます。

説明会の時間は映像で1時間と口頭で30分ほどの説明ですので、1日潰れることはありません。

治験に対しての説明や、これから受ける事に対しての説明を丁寧にしてくれます。

分からない事や気になる事は何でも答えてくれますので不安を抱えている方はここで全て解決できます。

治験コース選択

説明会が終わると受付で直近に受ける事が可能な治験のコースが選択できます。

もし日程の都合が合わなかったりした場合は後日選ぶ事も可能です。

身長や体重に制限があったり、喫煙者は受ける事ができない治験があるので、この時に自分はどういったのが受けれるかしっかりと確認しておきましょう。

私が見た中で一番多かったのが入院が13泊14日+通院10日といった1ヶ月に及ぶコースもありました。

短いものですと、2泊3日もありました。

もちろん期間が長ければ長いほど頂けるお金は高いのでご自身の都合に合わせて選びましょう。

治験のコースによって投与する薬も異なりますので、どういった治験なのか確認しておく事も重要です。

この時点ではまだ治験を受ける事は確定してません。

説明会が終わると、交通費で2000円いただけました。

健康診断

Alexas_Fotos / Pixabay

治験のコースが決まりましたら後日、指定された日に治験病院へ健康診断に行きます。

今の時点では治験被験者候補という形になっていますので、健康診断をクリアしないと受ける事が難しくなります。

健康診断の結果で候補者の中から選ばれし者が決まります。

時間は9:00〜12:30と午前中で全て終わりますので午後からは他の予定を組めますよ。

「身長・体重・血圧・心電図・採血・採尿・医師との診断」

以上の項目を全て終えると、この日は終了です。

帰り際に負担軽減費として5000円いただけました。

会社員の方ならご存知だと思いますが、年に1度行く健康診断で5000円がいただけるイメージですので、とてもありがたいですよね。

この健康診断で選ばれなくても他のコースを選び直す事ができます。

治験センターから結果報告

ribkhan / Pixabay

1週間以内にメールで結果が送られてきます。

選ばれた方はメール内容に治験病院に電話をする旨が記載されていますので、入院までの生活習慣や持ち物などの詳細事項を説明してもらえます。

治験のコースによっては、前日の◯時から絶食などの決まりがあるので、しっかり守って入院当日まで過ごしましょう。

入院

私の受けたコースは前日の20:00以降は絶食で飲み物も水のみという条件でした。

朝8:30に治験病院に行き、入院が始まります。

また入院生活に関しての記事もアップしたいと思います。

【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム